☀ 同調と対比

e0363330_22574232.jpg

〈カブのリンゴ酢づけ〉

・カブ(皮をむいて、厚めにカット)
・りんご酢
・砂糖

1、りんご酢と砂糖をまぜて甘酢をつくる。(甘みと酸味はお好みで!)
2、カブを漬け込んだら、できあがり!盛り付けはざっくりと!

※塩を加えると早く漬けあがりますし、味もいくらか締まりますが、無くてもOK!さわやかに仕上がります!

魯山人は「地味な器には派手な料理を、派手な器には地味な料理を盛り付けるとよい」というニュアンスのことをいったようです。実際、色や質感も対比させると双方が引き立ちます。
一方で、同じ色や質感で統一するような、あえて同調させる手法もあります。
しかし、こちらは難易度が高いように思います。
例えばですが、写真の飴釉鉄彩輪花皿のような茶色の皿に醤油を注いでもよく見えません。同調しすぎるのです。
白や黄色、緑などやはり対比が双方活きます。

織部の緑釉皿に葉物のサラダを盛るとよい結果になることがありますが、これは色は同調でも質感は対比になっていたりします。
またトマトなどの鮮やかな赤を少量加えるとよいアクセントになるでしょう。

[PR]
by kishingama | 2017-05-19 23:15 | Comments(0)